×

フロロマイスターを選べば間違いない?コスパや強度、インプレをご紹介!

フロロマイスターを選べば間違いない?コスパや強度、インプレをご紹介!

フロロマイスターはとてもコスパのいいラインです。「バス釣りのラインはフロロマイスターだけで十分だ」という方も少なくありません。バス釣り初心者にもわかりやすくフロロマイスターの性能や強度、メリット・デメリットを紹介します。

記事の目次

  1. 1.フロロマイスターを選べば間違いない!?
  2. 2.フロロマイスターはこんなライン
  3. 3.フロロマイスターの性能は?
  4. 4.フロロマイスターの強度は?
  5. 5.フロロマイスターのメリット
  6. 6.フロロマイスターのデメリット
  7. 7.フロロマイスターのインプレ
  8. 8.フロロマイスターで釣りを楽しみましょう

フロロマイスターを選べば間違いない!?

シーガーフロロマイスターはバス釣りの高コスパフロロラインです。使用感・強度ともに高評価を得ていますので、選んで間違いないラインです。シーガーフロロマイスターの性能・強度、メリット、デメリットなどを含め解説いたします。

フロロマイスターはこんなライン

フロロマイスターはシーガー(クレハ)が出しているバルクラインのことです。店頭・通販で1000円~1500円程度で購入でき、240m・320m巻きのお買い得なフロロラインです。

ラインナップも多く、アングラーなど多くの釣り人が使用しており評判もいいです。バス釣りはもちろんのこと、トラウト・アジングなどにも使用ができ、幅広い釣りで使用できます。

フロロマイスターの性能は?

感度はどうなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

安いライン=感度が悪いと思われるかたもいますが、ほかの低価格帯のラインとは違い感度はいいです。

テキサスリグ、フリーリグなどではシンカーウェイトを適正に選べぶことでボトムや沈んでいる岩の感触、バスのバイトなどを感じ取れます。ハードベイト使用時にもテキサスリグ、フリーリグ同様に岩に当たる感触、バスのバイトなどを問題なく感じ取れます。

安いラインはバックラッシュが起こりやすい?

出典:ライター撮影

フロロマイスターはキャスト時にスムーズにラインが放出されますのでバックラッシュが起きやすいラインではありません。

バックラッシュはラインの性能よりもリールのメカニカルブレーキや外部ダイヤルのブレーキ調整のしかたのほうが重要です。安いラインでもしっかりとブレーキの調整を行うことで、バックラッシュを最低限に抑えられます。

ラインの劣化が早くない?

フロロマイスターはグレードの高いラインと比べると劣化は早いです。しかし容量が多いラインですので、劣化を感じたらラインの巻き替えを行い、新品の状態のラインを使用しましょう。高価なラインを長い期間使用し続けるよりも安心して新品のラインを使用できます。

フロロマイスターの強度は?

ラインブレイクはしないのか?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

フロロマイスターの強度は全く問題ありません。インプレでも「使用していてキャスト時やフッキング時のラインブレイクはしない」という意見が多いです。

[R-18]シリーズでお馴染みのシーガー(クレハ製)なので信頼・評価は高いです。どんなラインにも当てはまることですが、こまめなラインチェックは必須です。こまめにラインチェックを行うことで問題ない強度を発揮してくれます。

次のページ

フロロマイスターのメリット

関連記事

ランキング