フックキーパーの使い方は?おすすめの使いやすい人気商品もご紹介!

フックキーパーの使い方は?おすすめの使いやすい人気商品もご紹介!

ルアー釣りの移動時にルアーをロッドに固定するフックキーパー。詳しい使い方とおすすめの人気商品を紹介します。購入する前に機能や特徴を比較して、使いやすいフックキーパーを選びましょう。フックキーパーを使えば、多くの釣り場に安全に素早く移動できます。

フックキーパー

フックキーパーはルアーのフックをロッドに固定するためのアイテムです。いろいろな形状や材質があり、独自の構造など特徴があります。フックキーパーの付け方などの詳しい使い方とおすすめの人気商品を比較して紹介します。釣りのスタイルに合わせてフックキーパーを選びましょう。

メリット

釣り場は足元が不安定なことが多く、移動するときは注意が必要です。バス釣りなどのルアー釣りは積極的に移動することで、よい釣果が期待できます。ロッドの先端からルアーを垂らした状態で移動すると、木の枝などの障害物や自分自身の服や体にルアーのフックが刺さる危険があります。安全に移動できることがフックキーパーのメリットです。

デメリット

フックキーパーを使うデメリットは、フックキーパーに糸が絡んでライントラブルになることです。ロッドのガイドと反対側に取り付けて、糸が絡むことを防ぎます。ワインドやエギングなど激しいアクションをすると時々、糸が絡むことがあります。フックキーパーはテンションを掛けることで固定するタイプが多く、使用時は穂先が曲がった状態になります。

フックキーパー付きのロッド

出典: http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5043

フックキーパーが装備されたロッドがあります。折りたためて使用するときだけ起こすタイプや小さな金属の輪で簡易的なものなど、ロッドによって違いがあります。後付けのフックキーパーと比較すると機能性が低いです。

フックキーパー付きのリール

フックキーパーが装備されたリールはアイディア商品です。糸が絡むライントラブルがなく安心でき、釣りに集中できます。フックの大きさや形状によっては使いにくいこともありますが、とても便利で使い慣れると、リールに標準装備してほしくなります。

フックキーパーを使わない

フックキーパーを使わないで、ガイドリングやリールのベールアームなどにルアーのフックを掛けると、傷がつく可能性があります。特にガイドリングは少しでも傷が入るとライントラブルの原因になります。フックキーパーは安い商品ですので、大切なロッドやリールをフックで傷つけないようにフックキーパーを使いましょう。

フックキーパーの使い方

釣りの総合メーカー、ダイワのルアーフックホルダーを例に使い方を詳しく紹介します。材質や形状に少し違いがありますが、標準的なフックキーパーです。ロッドへの付け方、ルアーフックの付け方、取り付け位置などの使い方を確認すると、いろいろな商品を比較するときの参考になり、使いやすい最強のフックキーパーを選べます。

フックキーパー本体

出典: https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/lure_te/lure_hookholder/index.html

フックキーパーの本体の材質はプラスチックなどの樹脂と金属があり、ロッドに取り付けることから小さくて軽量なものが多いです。ロッドと接する部分に傷防止の保護パッドを取り付けたフックキーパーもあります。形状を工夫してルアーのフックが付けやすく、外れにくくしています。取り付けが簡単になるようにマグネットが内蔵されたものもあります。

取り付けパーツ

出典: https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/lure_te/lure_hookholder/index.html

フックキーパー本体の付け方は、いろいろな大きさのロッド径に適合し、傷をつけずに取り付けるためにゴムリングを採用しているフックキーパーがほとんどです。ダイワのルアーフックホルダーはゴムリング大がロッド径10~14mm、ゴムリング小がロッド径8~10mmに適合します。フックキーパーを付けたい位置のロッド径を測定して、確認しましょう。

フックキーパーの付け方

出典: https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/lure_te/lure_hookholder/index.html

フックキーパー本体にゴムリングを掛ける部分が1つあり、片側にゴムリングを掛けて、引っ張ってロッドに回して反対側に掛けて固定します。ゴムの弾性力を利用した付け方です。ゴムリングに傷が入ったり、劣化して伸びたりするとしっかり固定できなくなります。消耗品であるゴムリングだけの販売はありません。水道用の部品で補修用Oリングで代用できるので、ホームセンターで探しましょう。

フックの付け方

出典: https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/lure_te/lure_hookholder/index.html

ルアーはいろいろな形状のフックがあります。ダイワのルアーフックホルダーはルアーフック用として上の穴の開いた部分、大きなワームフック用は下に掛ける付け方です。フックキーパーによってフックの付け方に違いがあります。説明書をよく読み正しい使い方をしましょう。

エギ

出典: https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/lure_te/lure_hookholder/index.html

フックキーパーにエギの取り付け例です。エギのカンナは狭い間隔でたくさん針があり、フックキーパーの形状によっては付けにくいことがありますので、注意が必要です。エギを取り付けた写真などがあれば安心して購入できます。エギが取り付け可能ならトリプルフックなども問題なく取り付けできます。

ワーム

出典: https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/lure_te/lure_hookholder/index.html

ワームのフックは大きさや形状の種類が多いですので、注意が必要です。ダイワのルアーフックホルダーの上の穴にワームのフックを掛けると、フックの先端がロッドに接触して傷をつける可能性があります。下の部分にフックの弧を描くように曲がったベンド部分を掛けます。バス釣りの大きなワームも問題なく固定できます。

フックキーパーの取り付け位置

フックキーパーを取り付けると糸が絡み、ライントラブルになることがあります。ダイワのホームページに掲載されているワームの取り付け例を見ると、フックキーパーをロッドのグリップ部近くに取り付けています。この取り付け位置ならライントラブルは絶対ありません。欠点はグリップ部にワームがあり、グリップ部が汚れる可能性があることです。よく見るリールのちょっと上ぐらいの位置のほうが使いやすいです。

フックキーパーの人気商品

フックキーパーのおすすめの使いやすい人気商品を紹介します。小さなアイテムですが材質や形状など、いろいろな工夫をして機能性を高めて使いやすくしています。性能や特徴を比較して、釣りのスタイルや使うルアーに最適な最強のフックキーパーを探しましょう。

Fujiのルアー用フックキーパーEHKM

富士工業(FUJI KOGYO) ルアー用フックキーパー EHKM-SB

参考価格: 382円

出典: Amazon
Amazon382円

ガイドメーカーのFujiのフックキーパー。独自の構造で回転するプリー部にゴムリングを掛け、取り付け後に位置を自由に調整できます。使い方は、フックを掛ける部分を起こしてルアーを固定します。釣りをするときは、折りたたんで糸が絡みを防止します。ゴムリング大はロッド径9~16mm、ゴムリング小はロッド径5~9mmに適合します。有名メーカーのFujiの商品で人気があり、品質や耐久性などが最強です。

オーナーのフックホルダーM

OWNER(オーナー) 81064 フックホルダーHH-01 M

参考価格: 418円

出典: Amazon
Amazon418円

オーナーのフックホルダーはマグネットが内蔵され、軽いルアーならマグネットの磁力だけで固定できます。V字型の溝にフックを固定する付け方です。オーナーのフックホルダーはMとSの2つのサイズがあり、Mはロッド径10~16mm、Sはロッド径6~12mmに対応します。ゴムリングで固定するタイプです。

コーモランのフックキーパー

コーモラン(CORMORAN) フックキーパー スモーク

参考価格: 264円

出典: Amazon
Amazon264円

兵庫県のルアー用品のViva-net(ビバネット)の手軽にルアーフィッシングに入門できるよう、使いやすさとコストパフォーマンスを追及したブランド、コーモラン。カラーバリエーションが豊富です。ゴムリングが大と小の2つ付属、大がロッド径9~16mm、小がロッド径5~9mmで特徴のある形状です。価格の安さが最強で、複数のロッドにフックキーパーを付けたい人に人気があります。

ゴールデンミーンのGMアルミニウムフックキーパー

ゴールデンミーン GMアルミニウムフックキーパー GoldenMean ALIMINUM HOOK KEEPER GUNMETAL

参考価格: 528円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon528円

金属のアルミニウム製のフックキーパー、強度と耐久性が最強で人気があります。ロッドと接触する部分に保護スポンジがあり、ロッドを傷つけません。ゴムリングはSサイズがブランクス直径5~10mm、Lサイズが8~16mmに対応する2種類が付属します。ゴールデンミーンは大阪市の中央漁具のブランドでルアーロッドや釣り用品を数多くラインアップしています。

プロックスの結束フックキーパー

プロックス 結束フックキーパー(10本入) ライムグリーン PX994LG ライムグリーン

参考価格: 429円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon429円

結束バンドで固定するフックキーパーです。最強に小さく、糸が絡む心配がないことがメリットで、取り付けが簡単で使いやすく人気があります。ルアーのフックのサイズや形状によっては付けられない可能性があります。1度固定するとニッパーで切断して取り外すので、再利用はできません。5本入りで複数のロッドにフックキーパーを安く付けたい人に人気です。

特殊なフックキーパー

一般的なフックキーパーは、小さくてゴムリングでロッドに固定します。特殊なフックキーパーは独自のアイディアで、釣りのスタイルによっては使いやすい商品です。ロッドに取り付けないことで、糸が絡むライントラブルを防ぎます。いろいろな商品を比較して、最強のフックキーパーを選びましょう。

ダイワのランガンクリップ

ダイワ(Daiwa) ルアーホルダー ランガンクリップ ブルー

参考価格: 733円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon733円

ダイワのランガンクリップは大きなルアーのプラグやエギなどに使用するクリップ型のフックキーパーです。引っ掛けタイプは穂先が曲がるぐらいにテンションを掛ける必要があります。クリップ型は穂先がまっすぐな状態でルアーを固定でき、船やボートでロッドを並べて収納できるメリットがあります。

サンライクのリールスタンド

サンライク(SANLIKE) 2018 リールスタンドシマノ リールホルダー フィッシングスタンド リールアクセサリー リール保護 シマノ(Shimano)(1000~4000番クラス) ダイワ(DAIWA)(1000〜3000番) に適用 ラインストッパー フックキーパー付き ジュラルミン製 超軽量/耐食海釣り カッコイイ(ブルー)

参考価格: 1,780円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,780円

スピニングリールのリーススタンドの先端に穴があり、フックキーパーとしての機能があります。軽くて強度が高いアルミ合金のジュラルミン製。根元部分にはゴム製のラインストッパーもあり、多機能性が最強です。フックキーパーに糸が絡むことがなく、リールを保護できます。カラーはグレー、ゴールド、ブルー、レッドの4色あり、対応するリールを確認しましょう。

ジーニアスプロジェクトのSHKフックキーパー

ジーニアスプロジェクト SHK スピニング用 ルアー用フックキーパー G-nius project

参考価格: 1,320円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,320円

スピニングリールに取り付けるフックキーパーです。リールフットからボディに伸びた脚にゴムリングで取り付けます。とても小さなフックキーパーで軽くて強度があり錆びない最強の金属、チタン製で0.2gしかなく日本製です。他の商品と比較して目立たない特徴があります。ロッドに付けないから糸が絡むことがありません。

ジーニアスプロジェクトのBHKフックキーパー

ジーニアスプロジェクト BHK ベイト用 ルアー用フックキーパー G-nius project 1セット入

参考価格: 440円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon440円

ベイトリールに取り付けるフックキーパーです。リール本体のネジを利用して取り付けるからリールによっては取り付けが難しくなります。錆びにくいステンレス製。ジーニアスプロジェクトは兵庫県のベイトリールのメーカーで、バスプロとして活躍する青木プロが立ち上げたブランドです。独自の特許技術で開発した製品を販売しています。

フックキーパーの自作

フックホルダーは簡単な形状でルアーのフックが固定できるから、自作できます。結束バンドにビスで固定する穴付きのタイプがあり、ロッドに確実に固定でき簡単に自作できる材料です。事務用品のクリップも材料に最適で、使いやすい形状に曲げてゴムや結束バンドで固定します。釣りアイテムの自作を楽しめます。

フックキーパーのまとめ

フックキーパーは釣り場を安全に移動するために必要なアイテムです。いろいろな人気商品を比較して、使いやすいフックキーパーを選びましょう。バス釣りなどのルアー釣りは、魚がいるポイントを的確に探すことが重要です。安全に素早く移動できるようにタックルを準備して、釣りを楽しみましょう。

関連記事