×

ダウンショットリグの釣り方は?活用法や釣れるテクニックをご紹介!

ダウンショットリグの釣り方は?活用法や釣れるテクニックをご紹介!

ダウンショットリグはバス釣りの基本的な仕掛けの一つであり、初心者の方にもよく釣れる釣り方です。今回はダウンショットリグでバス釣りをするためのアクションの種類から、基本のタックルセッティング、釣れるテクニックや活用法をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ダウンショットリグってどんなリグ?
  2. 2.ダウンショットリグの釣り方
  3. 3.ダウンショットリグの活用法
  4. 4.ダウンショットで釣れるテクニック
  5. 5.ダウンショットリグの道具の選び方
  6. 6.初心者はダウンショットリグをマスターして初めての一匹を釣りあげよう!

ダウンショットリグの活用法

Photo byqimono

ダウンショットリグは、数あるバス釣りの使い方の中でも時間帯を選ばずよく釣れるリグです。しかし、状況によって他のやり方のほうが効果的で、釣果に差が出ることもあります。ダウンショットリグをどんな時に使えば、より釣れるのか活用法を一日の時間軸の中でお伝えいたします。

ダウンショットリグを使うタイミング

Photo byJESHOOTS-com

バスの活性が低い時間帯に使うのがベストの活用法です。具体的には釣り人が多くプレッシャーの高い日中の使用がよいでしょう。

バス釣りは本来はアグレッシブな釣りです。しかし、近年はどのポイントもプレッシャーが高く、フィネスの釣りでないとバスが口を使わないことが多々あります。プレッシャーが高い時でもよく釣れるテクニックとしてダウンショットを使うやり方がよいでしょう。

水中の地形を把握する

Photo by hiyang.on.flickr

ダウンショットリグは初めて訪れるフィールドの状況を把握する際にとても有効です。巻き方がゆっくりなので、水底をしっかり把握でき、初場所の状況をサーチするにも効果的です。

シンカーが地形の変化を敏感に感じることで、水中を読み解く力がついてバス釣りが上達します。ダウンショットリグは水中の状況をしっかりチェックし、攻略していくのに便利なテクニックと言えます。

どんな時にダウンショットリグを使うべきか

フリー写真素材ぱくたそ

日中のバスが口を使いづらい時間帯に使用します。ダウンショットリグは移動距離が短く、同じポイントを丹念に誘える仕掛けなので、活性の低いバスをじっくり誘うのに有効です。

ダウンショットリグは繊細なルアー操作にも対応可能なので、フィネスな釣りをするのに適しています。そのため、日中のサイトフィッシングにダウンショットリグを使用するのもおすすめの活用法です。

ダウンショットで釣れるテクニック

Photo bycaspowser

前述の釣り方に合わせてよく釣れるダウンショットのテクニックを紹介します。ダウンショットは基本的な釣り方がベースとなり、初心者にも簡単にもマスターできる内容が多いのが特徴です。

一方で巻き方やアクションが単調になりやすく、初心者にとって飽きやすいというデメリットもあります。バス釣りを楽しむためにもポイントに合わせてしっかりやり方を分けて釣りましょう。

ただ巻きで広範囲をチェック!

出典:ライター撮影

ただ巻きでフラットな遠浅のエリアのポイントを広範囲に攻めるテクニックになります。ただ巻きは単調なフラットエリアの中でウィードや水底の変化のあるポイントを察知しやすい釣り方です。小さな変化にもバスは付きやすいので、変化を見つけたら同じポイントを丹念に探ることがおすすめです。

ターゲットを定めて一点シェイク

Photo by luckypines

人工的な構造物に居つく見えバスなどを攻めるときに有効です。ノーシンカーなどに反応しない見えバスを攻略するときは、バスの視界に入っていないところからバスの目の前を急に横切らしてリアクションバイトを狙ったり、丹念なシェイクでバスを怒らせて口を使わせます。

ダウンショットリグはシンカーがついているため、精度の高いピッチングが可能で見えバス攻略にとても有効です。

連続シェイクとズル引きのじっくり攻め

Photo byPexels

水底をしっかり攻めるときに有効な方法です。ズル引きの巻き方はダウンショットのただ巻きと同じように捉えがちですが、巻き方はただ巻きよりもさらにゆっくり動かしてよりナチュラルに誘います。

小さな変化があった場所では連続シェイクで居つきのバスにアピールします。ただ巻きとシェイクの合わせ技になりますが、単調な動きはバスに見切られるので、注意しましょう。

集中できない時のテクトロ

集中力が落ちたときテクトロで気分転換とポイント移動を両立した活用法はとてもおすすめします。テクトロは気分転換だからといって闇雲にただ歩くより、あの先端のポイントまで歩こうなど、あらかじめ目標を定めて、一定のスピードで歩くことが釣果をもたらします。

疲れたらほったらかし

Photo bylangll

使い所は座りながらゆっくり釣りをするのにとてもよいです。一緒に釣りに来ている友人がいる場合でもただ座って休憩するだけではもったいないです。水中にルアーがある以上はバスがバイトしてくる可能性は十分にあります。休憩をしながらもルアーは常に水中に残していることでわずかなチャンスにも対応できます。

次のページ

ダウンショットリグの道具の選び方

関連記事

ランキング