×

シマノ「15 ストラディック」がヤバい!旧型になってもまだまだ現役!

シマノ「15 ストラディック」がヤバい!旧型になってもまだまだ現役!

シマノの15ストラディックは、旧型で廃番になっても人気があります。15ストラディックは、シマノのスピニングリール・バイオマスターの後続モデルです。リールの巻き心地とドラグの性能のスペックの評価が高く、ライントラブルが起こりにくいモデルだといわれています。

記事の目次

  1. 1.シマノ15ストラディックは評価が高い
  2. 2.シマノ15ストラディックは旧型モデル
  3. 3.シマノ15ストラディックのスペック
  4. 4.シマノ15ストラディックの特徴
  5. 5.シマノの新型ストラディックと比較
  6. 6.シマノ15ストラディックを使ってみよう

シマノ15ストラディックは評価が高い

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

シマノ15ストラディックは、廃番になったいまでも評価が高いスピニングリールです。ストラディックシリーズは20ストラディックSWまで改良されていますが、15ストラディックは新しいモデルに負けない魅力を持っています。

とくに、巻き心地のよさとドラグの性能の評価が高く、さまざまな釣り方に対応できる凡庸性の高さが評判です。

シマノ15ストラディックは旧型モデル

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

シマノ15ストラディックは、2015年に販売され、いまでは廃番になった旧型モデルです。シマノでは、海外輸出用のスピニングリールとして2015年より先にストラディックシリーズを製作されていたため、完全な新作ではありませんでした。

しかし、バイオマスターシリーズの後続モデルであると、発売前から話題になり、発売後は大ヒット商品の仲間入りをはたしています。

バイオマスター後続モデル

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

15ストラディックのもとになったモデルは、2011年に販売されたバイオマスターシリーズです。シマノのリールは4年ごとに改良されますので、4年後の2015年にストラディックとしてバイオマスターのモデルチェンジがおこなわれました。

15ストラディックは、バイオマスターに使われているHAGANEボディを引き継いでいます。

もとは海外輸出用のモデルだった

Photo byDevanath

ストラディックというシリーズのスピニングリールは、もとは海外輸出用モデルでした。海外モデルを国内販売へつなげるのは、シマノの販売戦略のひとつです。

2015年の時点で、すでに海外モデルとして販売されていたSTRADIC Cl4+は、15ストラディックの新モデルである16ストラディックCI4+の原型として知られています。

次のページ

シマノ15ストラディックのスペック

関連記事

ランキング