毒魚とは?刺毒魚の代表的な種類をご紹介!釣れたら棘に注意が必要!

毒魚とは?刺毒魚の代表的な種類をご紹介!釣れたら棘に注意が必要!

毒魚とは知らずに触ってしまうと場合によっては死に至ることもあります。子どもが知らずに毒魚に触ってしまい病院送りなんてこともあります。毒魚について知らないと子どもを守ることも、自分の身を守ることもできません。毒魚について知って、楽しく釣りをしましょう。

    毒魚ってどんな魚

    https://www.photo-ac.com

    毒魚とは、ひれにある棘に毒を持つ刺毒魚や、内臓などの体内に毒を持っている魚のことを言います。種類によっては刺されたり、体内に取り込んでしまうと最悪死に至ることもあり、とても危険です。知らずに触ったら刺された部分に腫れと激しい痛みが生じて、病院送りなんてことが毎年よく起きています。ですが、いざというときに適切に対処できれば問題ありません。楽しく安全に釣りや海遊びをするためにも毒魚について知識を備えておきましょう!

    釣れやすい代表的な刺毒魚

    まずは、海釣りでよく釣れる代表的な刺毒魚の種類を紹介していきます。よく釣れる代表的なもなのでどのような見た目をしているか知っておきましょう。似たような見た目をする種類もありますので大切です。本当によく釣れるので要注意です。

    ゴンズイ

    ナマズのようなひげが特徴的な代表的毒魚です。背びれと胸びれの間に硬い棘があり、刺されると激痛を伴います。投げ釣り、サビキ釣りなど防波堤の釣りから磯、ボートなど幅広い範囲で釣られ、中でも夜釣りや潮の濁った日はより釣れやすいです。また、ゴンズイ玉と呼ばれるように群れて生活るため、1回釣ると何匹も釣れて厄介です。初心者の防波堤釣りでも釣れやすいので、慣れていない方は釣れたらハリスを切るのが無難です。食べることも可能で美味しいですが、調理するときに棘をしっかりハサミやペンチで取り除くように注意してください。

    アイゴ

    背びれ、胸びれ、腹びれの棘に毒を持っており、刺されると激しい痛みに襲われます。アイゴはメジナやクロダイなどを狙っているときによく釣れ、磯の代表的毒魚というイメージがあります。ですが、防波堤でも釣れることがあるので楽しむのは引きだけにして危険回避のために、釣れたら逃がしましょう。関東圏では磯臭いと言われ評判は悪いものの、一応食べることは可能ですので、持ち帰るときは棘をハサミやペンチで切り落としてください。棘は放置せず刺さらないように処理してください。

    ハオコゼ

    こちらも代表的な毒魚で、カサゴに似た見た目を持つ10センチ程度の魚です。背びれに毒を持ち、刺されると刺された部分が紫色になり激痛が走ります。特に特徴的な背びれの前側は危険ですので注意してください。防波堤でのサビキ釣り、投げ釣りをしているとき、根魚を狙った釣りをしているときによく釣れます。海藻地帯、岩礁帯によく潜み、群れていることもあります。
     

    アカエイ

    https://www.photo-ac.com

    主に砂地に生息しており、投げ釣り、ルアー釣りの外道としてよく釣りあげられる毒魚です。夜に活性が高まります。イソメ類やエビなどの甲殻類を捕食する肉食性で普段は海底に身を潜めているため、海水浴の際に踏んでしまう事故がよく起きます。毒は尾の部分にある硬い棘にあり、激しい痛みを引き起こします。この棘は、先端が返しのような構造になっているため他の毒魚より厄介かもしれません。もし釣れたら危険な上にかなり重いので、かわいそうではありますが安全のため仕掛けを切るのもよいです。

    たまに釣れる刺毒魚

    上の4種類に比べたら釣れる度合いは低いですが、釣れないわけではありません。知っておくことでいざという時のために備えましょう。

    ミノカサゴ

    熱帯魚のようなひらひらしたひれを持つがカサゴの仲間です。しかし、この美しく優雅な見た目とは裏腹に背びれに強烈な毒を持つ刺毒魚です。きれいだからと言って触ってしまっては病院送りになってしまいます。磯で釣りをしているときに釣れることが多いです。もし防波堤上など釣り場に放置されていても、危険ですので触らないでください。

    オニカサゴ

    Photo by Joi

    カサゴにそっくりな見た目をしていますが、背びれ、腹びれ、尻びれの棘に毒を持っています。体色が環境に合わせて変化するや、生息環境などの特徴はかなり普通のカサゴと似通っていますが、口元が細かい皮で覆われている特徴で区別するのがよいです。また、カサゴの種類は毒を持つものでも味はよいのが特徴です。細心の注意を払える人は調理してみてはどうでしょう。英名はスコーピオンフィッシュ。

    オニオコゼ

    www.photo-ac.com

    顔部分が非常に不格好な魚で、体色は茶黒をしています。背びれに強い毒を持ちます。岩場ではなく、砂地、泥地に生息することが多く、普段は小魚や甲殻類を捕食します。見た目とは異なり非常に美味しい魚です。料理の際は、棘を取り除くようにしてください。

    ウミヘビ

    www.photo-ac.com

    刺毒魚ではありませんが歯に毒を持っており、噛まれると非常に危険です。ウミヘビと言えどやはり蛇なので、釣りあげられると攻撃的に抵抗します。針を外す際など口元には厳重な注意が必要です。また、種類によってはアナゴと似た個体もあるので、毎度確認することをおすすめします。

    毒魚対策アイテム

    カサゴなどのとげとげしている魚は手を切りやすいです。その際にも毒魚対策アイテムは役立ちます。

    いざ毒魚が釣れたら生身の手で処理するのは自殺行為です。他の魚同様暴れるため、より危険度が高いかもしれません。そんなときに役立つアイテムを紹介します。

    フィッシュグリップ

    こちらフィッシュグリップは大きさは15センチ程度でコンパクトに収納することが可能で、20センチ程度までの魚を軽い力で持てます。実際何匹かの毒魚をつかんできましたし、暴れる魚も問題なくつかめますので釣り歴5年くらいの今でも使っています。こちらはハサミ状ですが、トング状のものもあり、特に大差ないです。防波堤で小型の魚を釣る際に役立つので、お好きな形を一つ持っておくとよいです。

    形状が全く異なりますが、こちらもフィッシュグリップです。こちらは体長が大きい魚、口が大きい魚に使用します。非常にパワフルで80センチの魚も持ち上げられます。大きい魚をメインに使うものですので、使うのは毒魚ではアイゴくらいでしょうか。

    フィッシュプライヤー

    フィッシュグリップで魚をつかみ、フィッシュプライヤーでくわえた針を外すという流れで使います。本来は、釣具店で専用のプライヤーを購入されるとよいですが、こちらは100円ショップのラジオペンチで代用することができます。こちらのほうが安く購入できますので、おすすめです。

    毒魚まとめ

    見た目は毒々しいがニシキベラは毒を持っていないです。見た目で毒があるかどうかは判断できないということです。

    毒魚はエラなどの棘に毒を持つ魚のことです。知らずに触ってしまうと危険ですが、正しく、丁寧に対応すればなんの問題も起こりません。毒魚の対応は防波堤でも磯でも同じで、棘に注意してリリースです。安全が最優先あることを忘れないでください。少しでも危険だと思った毒魚が釣れたら、仕掛けがもったいないとか、魚がかわいそうと思っても引き上げずに海に放してください。あまり良いことではないですが自分の安全には変えられません。ここで紹介した代表的な毒魚は確実に覚えていただき、毒魚へ注意をした上で釣りをお楽しみください。

    最後に

    海には自分の身を守るために川とは異なって毒を持つもの種類がいます。フグの種類は体内に毒を持ち、食中毒を引き起こす毒魚です。それだけ危険について知ることは大切です。これを知らないだけで、すごく楽しくてよい思い出も、一転して気づいたら病院という悪い思い出になってしまうかもしれません。しかしながら、これを知っているとすぐに毒魚を身から遠ざけることができますし、何事もなく楽しい思い出を作れます。楽しい思い出を作る自分のために、一緒に思い出を作る人のためにも海の危険にについて学んでみてください。その際にこれが役立ってくれると幸いです。

    毒魚に関するお願い

    毒魚が釣れたら海にリリースするか持ち帰るかのどちらかにしてください。先ほども書いた通り毒魚の毒は死後も消えません。釣れたらどうすることもできない人がよく防波堤など釣り場に放置して帰ります。それだけは他の人にも害があり、迷惑ですのでやめてください。

    関連記事