×

リヴァスポット早戸を攻略する方法は?釣り方のポイントを解説!

リヴァスポット早戸を攻略する方法は?釣り方のポイントを解説!

リヴァスポット早戸を攻略する方法をご紹介します。初めての釣り場では狙うポイントやタイミングを見定め、川の流れを意識することが大事です。合わせてリヴァスポット早戸におすすめのタックル、ミノーカラー・大きさまでもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.リヴァスポット早戸を攻略する方法
  2. 2.リヴァスポット早戸攻略法①狙うポイント
  3. 3.リヴァスポット早戸の攻略法②タイミング
  4. 4.リヴァスポット早戸攻略法③流れを意識
  5. 5.リヴァスポット早戸攻略法④キャスティング
  6. 6.リヴァスポット早戸でおすすめのタックル
  7. 7.ミノー選びの注意点
  8. 8.リヴァスポット早戸で釣りを楽しみましょう!

リヴァスポット早戸を攻略する方法

出典:photoAC

リヴァスポット早戸は天然の川を利用した管理釣り場です。トラウトやヤマメ、イトウなどたくさんの魚が生息している、自然が豊かな環境のため、さまざまな釣り方を楽しめるのも魅力の1つです。魅力いっぱいのリヴァスポット早戸の攻略法を紹介します。

リヴァスポット早戸攻略法①狙うポイント

出典:pixabay

初めに狙うポイントを見定めましょう。ある程度の目星がつけば移動する手間も省け釣りに専念できます。特にトラウトは群れを成して行動することが多いため1度ポイントを見つけたら連続で釣れることもあります。

対岸が岸になっているエリア

出典:pixabay

リヴァスポット早戸で狙うべき1つ目のポイントは対岸が岸のエリアです。対岸が岸になっている場所は、水流の関係で魚の餌となる生物が集まりやすくなっているため、餌を食べるために魚も集まりやすいポイントです。また頭上に木などが生い茂っていると、枝から落ちてくる虫を狙ってトラウトなどが集まっているためよりよいです。

水深があって流れが緩い場所

出典:pixabay

リヴァスポット早戸で狙うべきポイントの2つ目は水深があり流れが緩い場所です。このエリアはトロ場ともいわれ、魚が越冬しやすいポイントなので早春の低水温期に狙うと釣れるポイントです。雨で濁っている状態などでも食いつきがよくなるともいわれています。

リヴァスポット早戸の攻略法②タイミング

出典:pixabay

リヴァスポット早戸をミノーで攻略するにはタイミングが重要です。適当な時間帯、適当なタイミングでもある程度は釣れますが、今より釣果を上げるためにはしっかりとタイミングを見計らいましょう。

雨の日

出典:pixabay

釣りを行うのにおすすめのタイミングは雨の日です。雨の日は晴れの日よりも格段に釣れやすいです。増水し、流れも速くなるので上流から餌がいつもより多く流れ魚の活性が高まるからです。釣れる理由はそれだけでなく、川が濁ることによって見切られにくくなるのもつれやすくなる理由です。

放流後

出典:photoAC

なかなか釣れないという場合は放流後を狙って釣りをしてみましょう。リヴァスポット早戸は管理釣り場なので、放流用のトラックが各区画を回り、魚を放流していきます。なので1度の放流でかなりの数の魚が放流され、釣れる可能性が大きく高まります。活性が低く釣れない日は放流後を狙ってみましょう。

リヴァスポット早戸攻略法③流れを意識

出典:pixabay

リヴァスポット早戸を攻略するために川の流れを意識しましょう。流れを意識して釣りをするのとしないのでは釣果が大きく変わります。しかし、初めは流れを意識することは難しいので、明るめのミノーを使い練習することがおすすめです。

流れに乗せて泳がせる

Photo bysixking

出典:pixabay

リヴァスポット早戸を攻略するのに重要なことは流れに乗せてルアーを泳がすことです。渓流魚は流れてくる餌を食べるために川の流れに逆らって泳いでいることが多いので、流れに乗せてルアーを動かすと餌を待っている魚が違和感を持たず食らいついてくれます。

流れが反転する場所を狙う

出典:pixabay

リヴァスポット早戸を攻略するために流れが反転する場所を狙いましょう。このポイントは対岸が岸になっているエリアと同様、餌となる生物が集まりやすいです。そのため、それを狙う魚もその餌を狙い集まっている可能性があります。この反流転の流れを意識して釣りをするだけで釣果は確実に上がります。

リヴァスポット早戸攻略法④キャスティング

出典:pixabay

リヴァスポット早戸を攻略するのに最も重要なのがキャスティングです。キャスティングを正確にできれば、狙ったポイントにルアーを投げ、流れに乗せてルアーを動かせます。キャストをする際のコツと4つの投げ方をご紹介します。

上流方向にキャストをする

出典:pixabay

キャスティングで重要なことは上流方向めがけてキャストをすることです。前述した通り魚は川の流れとは逆方向に泳いでいることが多いからです。しかしその際に気を付けてほしいのが、手前から奥にキャストをすることです。そうしないと手前側の魚が上流に逃げてしまい、ポイント全体がつぶれてしまいます。

状況に応じて投げ方を変える

出典:pixabay

状況に応じて投げ方を変えましょう。投げ方を変えることで狙ったポイントにキャストができます。それによって釣れる可能性が高まるだけでなく、ストレスを感じずに釣りを楽しめます。

①フリップキャスト

1つ目の投げ方はフリップキャストです。下方向からロッドをあおりやさしく投げる方法のため、オーバーヘッドキャストのように飛距離は出ませんが、静かにミノーを着水できます。そのため、魚が警戒しにくいという利点があります。飛距離は出ませんが、紹介する投げ方の中ではいちばんおすすめです。

②オーバーヘッドキャスト

2つ目の投げ方はオーバーヘッドキャストです。この投げ方は頭上から降って大きく投げる方法のため、遠投に適しており向かい側が岸の場所などで使用することをおすすめします。周りに障害物がある場所では、仕掛けが絡まる可能性があるため、使わないほうが賢明です。

③バックハンドキャスト

3つ目の投げ方はバックハンドキャストです。竿を持っている逆側から振る投げる方法のため、頭上にも横にも障害物があり、他の投げ方ができない場合に適しています。紹介するキャスティングの中では一番汎用性が高い投げ方です。

リヴァスポット早戸でおすすめのタックル

出典:pixabay

最後に釣るために必要なおすすめのタックルをご紹介します。リヴァスポット早戸は釣り堀向けのタックルよりは渓流向きのタックルがおすすめです。

トラウトミノー

アイジェットリンク(iJetLink)ブラストイットミノー50F 46.JETヤマメ

参考価格: 1,925円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,925円
楽天

ブラストイットミノー50Fはフローティングとシンキングの両方にマッチしており、どんな環境でも使用できる汎用性を持つルアーです。また種類によってはリヴァスポット早戸のみだけでなく天然の渓流釣りでも使用できます。初心者にも使いやすいおすすめのミノーとなっております。

ダイワ(DAIWA) エリア トラウト プレッソ ダブルクラッチ 60F1 tuned by HMKL トッピングフード ルアー

参考価格: 1,477円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,477円
楽天2,466円

ダブルクラッチ60Fは大型魚がかかりやすいヘビーシンキングモデルのルアーです。トロ場などのエリアで使用すると底にたまっている大型魚がくらいついてきます。雨の日などでは魚は普段よりも底のほうにたまっているためこのルアーだと釣れやすいかもしれません。

スピニングリール

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 2004 (2000サイズ)

参考価格: 6,126円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon6,126円
楽天8,736円

スピニングリール15レブロス2004は幅広いターゲットや釣り方に対応できるため、高い汎用性を誇ります。素材に「DS4」というダイワが独自に開発した強化特殊プラスティックを使っているため非常に軽量です。巻き心地も素晴らしく非常におすすめの逸品です。

スピニングロッド

ダイワ(Daiwa) トラウトロッド スピニング イプリミ 60XUL-4 釣り竿

参考価格: 11,213円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon11,213円
楽天15,322円

スピニングイプリミ60XUL-4は、ロッドが4ピースにわかれており、持ち運びが簡単なロッドです。性能面においても高い性能を誇り、ラインにやさしい「sickガイド」ブランクスのねじれを抑える「ブレーディングx」高いフィット感の「TVSシート」などの機能が搭載されています。

ナイロンライン

サンヨーナイロン ナイロンライン 0.65号 3lb 300m アプロード GT-R トラウト スーパーリミテッド カムフラージュカラーリーフシルバー

参考価格: 1,564円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,564円
楽天

トラウト用に設計されたナイロンラインです。GT-Rトラウトスーパーリミテッドは強度が同じ太さのラインよりも高く、非常に切れにくいです。太さも4lbもあるのでさまざまなルアーを試してみたい初心者の方から上級者の方まで幅広くおすすめできます。

ミノー選びの注意点

出典:pixabay

ミノーの大きさやカラー1つで魚の食いつきは大きく変わります。ミノー選びは慎重になりましょう。注意点としてリヴァポット早戸で釣りをする際は複数のミノーを持っていくことをおすすめします。複数のミノーを持つことでさまざまなアプローチが可能になり、釣れる可能性が高まるからです。

ミノーは5~7センチメートルのものがおすすめ

出典:pixabay

8センチメートルより上のミノーを使うのは、リヴァスポット早戸では取り扱いが難しいので、5~7センチメートルのミノーがおすすめです。その中で最もおすすめは6センチメートルのミノーです。6センチメートルのミノーはどんな状況でも使えるので、ストレスを感じずに釣りを楽しめます。

おすすめのミノーカラー

出典:pixabay

リヴァスポット早戸では、金や銀などの明るめのミノーと茶色の暗めのミノーを使い分けましょう。トラウトの活性が高いときは金や銀などのミノーを使用し、活性が低いときはナチュラルカラーの茶色のミノーを使用するのがコツです。基本的にこの3色があれば困ることはありません。

リヴァスポット早戸で釣りを楽しみましょう!

Photo by272447

出典:pixabay

リヴァスポット早戸は川を利用した管理釣り場です。管理釣り場だからこその楽しみも多く、特に自分で釣った魚を食堂で調理してもらえることは大きな魅力です。先ほどまで泳いでいた新鮮な魚を大自然の中で食すのは、至高のひと時です。今週末、足を向けてみてはいかかでしょうか。きっと素晴らしい時間を味わえます!

福原
ライター

福原

釣りや筋トレ色々な趣味をもっているので、その知識を生かして様々な記事を随筆したいと考えております。

関連記事

ランキング