エギングのリーダーの適切な長さや太さの選び方は?種類の違いもご紹介!

エギングのリーダーの適切な長さや太さの選び方は?種類の違いもご紹介!

エギングのリーダーで迷っている方必見!今回はメインラインとしてPEラインを使う際、合わせるリーダーとしてナイロンとフロロカーボン2つの素材の違いや長さ・太さの選び方について解説します。状況に合わせた商品を選んでエギングを極めましょう!

    記事の目次

    1. 1.【種類】エギングのショックリーダーはナイロンラインとフロロカーボンラインの2種類を見よう!
    2. 2.【種類】エギングにはフロロカーボンラインがベスト!
    3. 3.【選び方】状況によって長さが変わる?エギング用リーダーの長さ3パターン
    4. 4.【選び方】状況によって太さが変わる?エギング用リーダーの太さ3パターン
    5. 5.【種類】エギングにオススメショックリーダー10選
    6. 6.しゃくり方参考動画
    7. 7.まとめ

    【種類】エギングのショックリーダーはナイロンラインとフロロカーボンラインの2種類を見よう!

    出典:http://fishing.shimano.co.jp

    エギングは「エギ」と呼ばれるエビ型の疑似餌を用いて行う釣り方を指します。その特徴はエギを海底に着底して、ロッドをしゃくることで、エビが跳ねるようにアクションをしてフォール時にいかが食わんで抱くのを狙う釣り方となります。また海底につけながら釣る形なので道糸のPEラインだけでは糸切れが生じやすく、ショックリーダーが必要となってきます。そのため、リーダーに適切な素材はナイロンとフロロカーボンの2種類であり、互いに異なった特徴があります。

    【種類】ナイロンラインのショックリーダーは初心者にオススメ!

    ナイロンラインは釣りで一般的に使用されている素材です。他の素材と比べると安く購入することができ、伸縮性の強さがあるという特徴があります。その特徴からリールの糸癖が付きにくく、衝撃を抑えてくれるので初心者でも扱いやすいというメリットがあります。そのため釣りに慣れていない人はまずナイロンラインを使いこなすことをおすすめします。

    【種類】フロロカーボンラインは根ズレに強い!

    フロロカーボン主にハリスに最も使用される素材です。特徴は強度、硬度があって、伸張性が少ないです。そして、耐摩擦性にも優れているという面もあります。そのため、根ズレにも強さを誇り、岩礁帯や磯などの根ズレが気になる場所での場所でショックリーダーとしてフロロカーボンを使用することになっております。また一方で、巻きグセがつきやすい付きやすいと言うデメリットがあるために初心者には扱いが難しい面もあります。最近では、釣り上級者がバスやシーバスなどのエラ洗いの激しい魚種に対して道糸として起用されるケースが多く、強さもありしなやかさがあるラインも増えていきます。

    【種類】エギングにはフロロカーボンラインがベスト!

    エギングを行う際につけるショックリーダーの素材はフロロカーボンがオススメです。エギングのやり方としては海底にエギをつけてアクションをかけるために、根が点在する場所ではラインが擦れてしまいます。ナイロンラインは比重が軽いために扱いやすいですが、フロロカーボンとクラネルと摩擦に対する抵抗力が劣る面があります。釣りをする状況にも変わりますが、迷ったり、初めての方はまずはフロロカーボンのショックリーダーが適切であるので、用意しておきましょう。

    【選び方】状況によって長さが変わる?エギング用リーダーの長さ3パターン

    出典:http://tsuridensetsu.com

    ここでは、エギングを行う際に使用するショックリーダーの長さを環境や状況別に解説していきたいと思います。ショックリーダーはPEライン(道糸)よりも比重が重いため、長すぎるとルアーが操作しにくいや、短すぎると摩擦によりライン(道糸)切れGA発生してしまうため、状況に合わせて適切な長さを取ることがポイントになってきます。そのため、根がない場合、通常時、根が高い場合の3パターンの状況に合わせた適切な長さをそれぞれ紹介していきます。

    【選び方】通常時には1mで様子を見よう!

    根があるかどうか不明な場所や通常の場所では1m前後のショックリーダーを用意しましょう。また、初心者は基本の長さになるのでまず初めは1mから始めてもいいと思います。1m前後の長さであればある程度根があっても十分に対応することが可能です。

    【選び方】根が少ない場所=50cm前後

    出典:http://fishing.shimano.co.jp

    根が少ない場所では、ショックリーダーをできるだけ短めにしましょう。全く根がない場所では50cm前後がオススメになっております。長い方がよりライントラブル糸癖が少ない安全な釣りをすることができますが、短い方がアタリ自体に敏感に搬送することができるので、合わせやすくなります。また、短くすると結び目(道糸とハリスのつなぎ目)がガイドにひっかかりにくくなるために操作性も向上します。

    【選び方】根が気になる場所では1.5m~2,0m前後!

    出典:http://fishing.shimano.co.jp

    根が伸びている場所や磯などで遠投をしなければあならないような場所では1.5m~2.0m前後のショックリーダーを長めに用意しましょう。短すぎてしまうとPEライン(道糸)が根にアタリ、擦れてしまってショックリーダーを使う意味がなくなる可能性があります。そのため、根の高さと引きずる距離に合わせて長さを調整していきましょう。

    【選び方】状況によって太さが変わる?エギング用リーダーの太さ3パターン

    【選び方】通常サイズや初心者は8lb前後の太さがオススメ!

    エギングで最も使われているリーダーの太さが8lb前後です。リーダーの太さで真よっtり、初心者で何にもわからない場合はこの辺りを選んでおきましょう。細かく言うと、初心者の場合であれば8~10lb前後、エギング中級者以上であれば6~7lbと補足してアクション重視にしてみても良いでしょう。

    【選び方】アクションを頻繁につけるなら6lb前後の太さで細めを!

    根ズレが気にならない場所や浅瀬でのエギングはできる限り細いリーダーを使って行うのがオススメです。リーダーは太い方がライン切れが起きにくいのですが。比重が重くなってしまうためエギの起こすアクションに影響が出てきてしまいます。そのためアクションを重視するのでれば6lb前後の細めのラインを使用しましょう。

    【選び方】サイズアップ(大物)を狙うなら10~12lb前後の太さを!

    出典:http://fishing.shimano.co.jp

    大型サイズのアオリイカを狙う際には、サイズが10~12lb前後の太めのリーダーを選んで使いましょう。大きなエギを使ってでの強さのあるエギングをするので細かいアクションでライン切れが起きないために安全性が重要になってきます。堤防などのねが木になる場所での釣りは12lb前後がオススメになってきます。

    【種類】エギングにオススメショックリーダー10選

    出典:https://www.naturum.co.jp

    実際、エギングを行う際にショックリーダーの種類が多すぎてどれがいいのか迷ってしまうことはありませんか?そこで今回は、今まで解説して内容をもとにナイロンとフロロの素材別にオススメな商品を10個ご紹介していこうと思います。自分の釣り方や環境にあったショックリーダーを選んでみましょう。

    【種類】ナイロンラインのショックリーダー

    初心者はまずこれ!

    東レ 銀鱗 50m単品 0.4号〜1号 (ナイロンライン 釣り糸)

    参考価格: 330円

    出典: 楽天
    楽天330円

    サイズ(号数):81lb
    長さ:50m


    東レの銀鱗50mはナイロンラインではありますが、強度に強さをもつ高品質の商品です。扱いも簡単で巻きつけ終わった後に先端をキープできる切れ目がついているのですぐに、使うことも可能です。

    エギングにも使えるしなやかさ!

    モーリス(MORRIS) バリバス シーバス ショックリーダー フロロカーボン 30m 30lb ナチュラル

    参考価格: 1,254円

    出典: 楽天
    楽天1,254円

    サイズ(号数):10lb
    長さ:30m

    衝撃に対する強さがあるこのナイロンラインは、しなやかさを売りにしているため、ルアーを扱いやすく、サイズの大きいアオリイカの強さのある引きに対しても衝撃を吸収してれる優れものになっております。

    扱いやすさナンバー1 ダイワのスペクトロンシリーズ

    【ライン】 ダイワ (DAIWA) スペクトロン・α(アルファ) 60m巻 0.6号〜3号【オールラウンド・ショックリーダー・ナイロンライン】

    参考価格: 1,584円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天1,584円

    サイズ(号数):10lb
    長さ:60m

    直線強力と結束力、しなやかさが最高品質になっているナイロンラインです。ミクロン単位作られているため他では実現できないような強さが売りの一つにもなっております。そして糸癖も少ないのも、魅力の一つです。

    根ズレの気になる場所で大活躍!

    デュエル ハードコア パワーリーダー CN 50m 10号

    参考価格: 1,287円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天1,287円

    ナイロン素材のカーボンコーティングがされている「カーボンナイロン」という独自に開発した素材のライン。ナイロンのしなやかさを生かしながらフロロカーボンの耐摩擦性や強度も兼ね備えている商品です。価格も他の製品と比べて安いのも魅力の一つです。

    YGKよつあみ DMVナイロンショックリーダー50m 40LB/12号 ナチュラル

    参考価格: 1,195円

    出典: 楽天
    楽天1,195円

    サイズ(号数):112lb
    長さ:50m

    普通のナイロン素材の約20倍ほど耐摩耗性に優れたDMVを採用した商品です。結束強度が増すような特殊加工を行っているためにPEライン(道糸)との結合部分がすぐに取れることもありません。価格は1,000円前後となります。

    【種類】フロロカーボンのショックリーダー

    結束力が高評価!

    デュエル ハードコア X4 エギング 150m 0.6号 ミルキーピンク【duel1503】【ゆうパケット】

    参考価格: 1,179円

    出典: 楽天
    楽天1,179円

    サイズ(号数):81lb
    長さ:30m


    しなやかなので、PEラインとの結束力が強く扱いやすいと釣り人から人気のフロロカーボンショックリーダー。結びが慣れていない人も安心して使うことができます。価格は30mで580円前後です。

    操作性抜群!

    シマノ(SHIMANO) ハリス エギング セフィア フロロリーダー 30m 1.75号 LB-E21S

    参考価格: 1,089円

    出典: Amazon
    Amazon1,089円

    サイズ(号数);10lb
    長さ:30m


    表面をシリコンでコーティングすることで、水サバキ性を向上したフロロカーボン製のショックリーダーです。エギング専用で作られているために強度や操作性も高い基準です。価格は30mで730円前後です。

    水中で溶け込むようなライン!

    【釣り】サンライン  ソルトウォータースペシャル PEエギULT 120m 0.8号 4968813054572【510】【ラッキーシール対応】【ポイントアップ祭 中は  ☆ ポイント 2倍 ☆ 】

    参考価格: 1,844円

    出典: 楽天
    楽天1,844円

    サイズ(号数):10lb
    長さ:30m


    ブラックカラーのショックリーダーは潮に馴染み、水中で目立たないためイカに違和感を覚えさせないようになっています。アタリが少ない際のエギングに最適です。価格は1,200円前後となります。

    潮の流れが早い場所で効果抜群!

    ユニチカ キャスライン エギングリーダーII 30m 3号 ナチュラルクリアー【ゆうパケット】

    参考価格: 550円

    出典: 楽天
    楽天550円

    サイズ(号数):10lb
    長さ:30m


    低粘度と高粘度の3層構造となっていて、耐摩耗性、結束強度はもちろのこと、他のフロロカーボンラインと比べ、1.81と高比重なリーダーです。潮の流れが速い場所や、水深が深い場所でのエギングに最適です。価格は500円前後となります。


     

    大型サイズ狙いなら!

    ●クレハ シーガー バトルエギリーダー2 フロロカーボン 30m 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

    参考価格: 871円

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天871円

    サイズ(号数):12lb
    長さ:30m


    大物アオリイカや磯場での釣行に向いている耐衝撃強度に優れたショックリーダーです。ヨレや糸癖を軽減するFNT製法を採用しているため、長くリーダーを取っても扱いやすさはそこまで変わりません。価格は600円前後となります。

    しゃくり方参考動画

    私自身がエギングを行う時に参考にしているしゃくり方を紹介している動画を載せておきますので一度見てみてください!

    まとめ

    出典:https://churatown.com

    いかがだったでしょうか?今回はエギングに適切なショックリーダーの素材・太さ・長さを状況別に解説していきました。ショックリーダーの素材に迷う時はフロロカーボンラインを選んでいきましょう。根が気にならない場合での適切な長さは短めの長さで細めのラインを使うこと。通常時の適切な長さは1m前後で太さは8lb前後。根がきになる場所での適切長さは1.5~2.0m前後で太めのショックリーダーを道糸に結んで使用しましょう。釣る状況に合わせて適切なリーダーを道糸につなげることができた暁にはイカを見事に釣り上げて初心者だと呼ばれなくなるでしょう。

    関連記事

    ランキング

    記事はありません。